リスニング力UPの意外な方法:英語理解スピードを高める実践練習メソッド大公開!

リスニング力UPの意外な方法:英語理解スピードを高める実践練習メソッド大公開!【SEC英会話スクール】三重県桑名市筒尾1-13-29

英語リスニング力UPの意外な方法のバックナンバー

英語を単語単位ではなくフレーズ単位で捉えるようにしよう!

昔、英語を勉強したての頃、私には、英語のリスニングが出来る人の能力が 不思議で不思議で仕方がありませんでした。

当時の私は、英語をリスニングすることは、頭の中に英単語が一語入ってく る都度、それを1つずつ、日本語に訳しながら、意味を把握するものだと思 っていたのです。

あれだけの猛スピードで話すネイティブの英語を聞き取れる、ということ自 体、すでに超能力に近いものがある。

それに加えて、なおかつ、その一語一語をそのスピードに負けないように理 解していけるなんて、これは、もうあり得ない力だ。

ですから、英語ができる人というのは、これは、もうハーフとか帰国子女に 限定されるはずだし、日本国内だけの勉強で出来るようになる人は、もう、 別次元の天才だけだろうと真剣に考えていたのです。

大学を出てから、「留学すれば、英語はペラペラになる」という話に半信半 疑ながら、乗っかって、2年間もアメリカで暮らしましたが、やはり、最後 まで、英語のリスニングをハーフや帰国子女や語学の天才達のように“精密 ”にできるようにはなりませんでした。

やはり、私には、ネイティブが猛スピードで話す英語を、一語一語、正確に 意味を把握しながら、理解していくなんてことは一生かかってもできないな と確信しましたね。

それから時間が流れて、10数年が経ち、今では、私はそれらの「不思議な能 力」を持つ人々の仲間入りを果たしているようです。

ただ、実際にリスニングができるようになってみて、自分が間違っていた、 ということに気づきました。

それは、リスニングができる人は、天才でもなければ、超能力を持っている わけでもない、ということです。

それにもう一つ、思い違いをしていたのは、リスニングの時に全ての英単語 を一語一語、スピーディに、かつ、丹念に把握していくなんて芸当は、実は 行っていない、ということでした。

では、一語一語、把握することではないのなら、どのようにして、内容を把 握するのでしょう? 実は、この問いに対する答えこそが、私自身のリスニング上達の大きなきっ かけになったことなんですね。

留学から帰ってきて、リスニングができないので翻訳者を目指そうと思って 、英字新聞を読み始めたのですが、速読が身につくにつれて、自分の中にあ る技術が養成されていきましたが、実はその技術こそが、私のリスニング力 を大きく向上させてくれたのです。

それが、英語を「フレーズで把握する」ということでした。

一語一語の単語単位ではなく、ある「意味のまとまり」を作っている幾語か の単語によって構成されるグループ(フレーズ)単位でのほうが、何十倍も 速く英語を理解することができることに気づいたのです。

例えば、

A person in the green shirt near the entrance door

という英 語を考える時に、かつての私なら、以下のように把握しようとしていたこと でしょう。

A person(ある人)/ in(中に)/ the green(緑の)/ shirt(シャツ)/ near (近くで)/ the entrance(入り口)/ door(ドア)

しかし、これをフレーズ単位で理解すると次のようになります。

A person in the green shirt (緑のシャツをきた人)/ near the entrance door(入り口の近くの)

スラッシュの数を見て頂いてもわかることですが、フレーズで考えることが できれば、この10語から成り立つ表現の意味は、わずかに二つのグループの ニュアンスを把握することだけで、スピーディに把握することができてしま いますよね。

これは言い換えれば、実際には10語ある表現でも、フレーズで把握する習慣 が身についている人には、この表現は、わずかに2語(フレーズ)だけしか ないのと同じことになるのです。

英文というものは長いものになればなるほど、実は、フレーズが組み合わせ られて構成されているものなんですね。

もちろん、どんな英文も、文の最小単位での構成要素は、単語であることは 間違いありません。

でも、英単語を多く知っていても、それをフレーズに構成する方法に慣れて いないと、英語はなかなか話せない、ということを多くの英語学習者は経験 しているのではないでしょうか。

逆に言えば、英単語をどのように組み合わせれば、意味のあるフレーズを作 ることができるのか、という練習を普段から積んでおけば、英語を話す能力 も、また、スピーディかつ正確に理解する技術も向上させることができるの です。

フレーズを作るための練習としてベストなのは、英語を実際に書いてみるこ とです。

英作文してみれば、自分の伝えたい内容を表現するために、実際にどのよう に英単語を組み合わせなくてはならないのかを常に考える必要がありますか らね。

フレーズの作り方を自分の頭で考えて学んでいけば、リスニングする時にも 、ネイティブの話をフレーズ単位で把握することが容易になってきます。

そして、これこそが、「英語を英語のままに理解する」ことへの第一歩なの ですね。

【PR】

英語の理解スピードを高める講座:【英語筋力増!教材】通信講座

講座内容:独自のアクティブリスニングトレーニングを用いて、 訳し上げ英語を理解する、日本人の英語を聴く際の悪い癖を矯正し、 英語を英語のまますばやく理解する「英語即解脳」を養成する講座。

疑問点はスカイプ・電話での無料レッスンで講師の解説を受講できます。


【編集後記~ヒロ水越】

梅雨が始まってしまいました。

そのせいか、昨夜から雨が降り続いています。 その昔、私は東京でバイク便という仕事をやっていた事があり、それ以来、 雨が大嫌いです。

バイク便でなくても、バイク乗りならみんな同じ意見だと思いますが、雨は 、バイクの運転にとっては、命取りにもなる「強敵」なのです。 バイク便をやっていた頃、朝起きて、雨が降っていることを知ると、いつも とてつもない憂鬱な気持ちと不安にかられたものでした。

その名残りが、外で仕事をする必要性が全くない今でも残ってしまっていま す。

トラウマというやつなんでしょうかね。

晴れの青空が見たい!オーストラリアに行きたい! また、来週!

【SEC桑名教室からの告知】

8月から、本メルマガでもその一部を公開している私達の「英語の理解 スピード」を高める「SECメソッド」専門のコースを、ここ桑名教室で スタートさせることになりました。


公式サイト【英語リスニング力UPの意外な方法!!】

主な内容:リスニング力を3ヶ月で伸ばさなければならない人のために いろいろな角度からリスニング力の養成法について掲載。

今英語が苦手な人は、私の英語ができなかった時代のプロフィールを 綴った「アメリカ留学体験記」を一読ください。きっと勇気がでますよ!

SEC式英語教材【英語筋力増!教材】

教材構成:独自のアクティブリスニングトレーニングを用いて、 訳し上げ英語を理解する、日本人の英語を聴く際の悪い癖を矯正し、 英語を英語のまますばやく理解する「英語即解脳」を養成する教材。

ブログ【UncleヒロのSunshineな英語講師美味生活】

私「ヒロ水越」のブログです。TOEICネタだけでなく 生徒とのやり取りや、私自身の英語学習に関しても 言及していきます。

「SEC英会話スクール スタッフのブログ」

当校専任講師のトシ後藤のブログです。 英語ネタから日々の暮らしまで掲載中です。


ご意見・ご感想など : sp-order@se-c.com

発行責任者 : SEC英会話スクール代表 ヒロ

編集責任者 : SEC英会話スクール代表 ヒロ

コンテンツ協力者: SEC英会話スクール講師 トシ後藤/レイチェル/カレン

Copyright (C) SEC英会話スクール All Rights Reserved ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡